home>海で出会う
城ヶ島の微少貝
神奈川県三浦半島の先端に浮かぶ城ヶ島。その東端に立つ安房埼灯台のそばの海で拾ってきた微少貝です。 マッチ棒の大きさと比べてみれば、その小ささは一目瞭然。





安房埼灯台付近の砂は、こまかい貝殻の破片でいっぱいです。
このなかから小さな小さな貝殻を探していると、あっという間に時間が過ぎていきます。
小さな貝殻の名前を調べるのはとても大変。小さいだけに特徴も見えづらいし、そもそもこれが大人になった姿なのか、それとも何か大きな貝の幼少の姿なのかもわかりません。
そんななかで、名前の判明した(多分ですが…)貝がこちら。ツグチガイ。ツグチガイはサンゴの仲間を食べて生活しますが、その食べるサンゴの色によって殻の色が変化するそうです。彼らは桃色のサンゴを食べていたのでしょうか。



小さな貝殻、大集合! の図。
あまりの小ささに、写真を撮るのも一苦労です。