home>海で出会う




棘皮動物とは
棘皮動物(きょくひどうぶつ)とはなんぞや?

分類すると5つの網(ウミユリ網、クモヒトデ網、ヒトデ網、ウニ網、ナマコ網)に分けられ、
海底に暮らしているものがほとんどです。
花のような星のような五放射相称と呼ばれる体型や模様をしているものが多いです。
生きている時はとげとげしいウニも、死んでしまうと棘がぽろぽろと取れ、綺麗な五放射相称の模様が現れます。

ウミユリは一見「5」という数字に関係なさそうに見えますが、五放射に出た腕がそれぞれ根本で枝分かれしているのです。
ただ無造作に生やしているわけではないようです。